サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    ポータル・エクスペリエンスの外観と動作のカスタマイズ

    このトピックでは、ポータルエクスペリエンスの外観と動作をカスタマイズする方法について説明します。

    外観と動作の設定を構成するには、エクスペリエンスを編集し、左側のナビゲーションで [ 外観と動作 ] をクリックします。以下の設定が利用できます。

    テンプレート設定の構成

    テンプレート設定を構成するには、左側のナビゲーションで [ > 外観と動作テンプレートの設定 ] をクリックします。テンプレートの設定は、使用されているテンプレートによって異なります。各テンプレートに固有の設定については、リンクをクリックしてください。

    すべてのテンプレートにテンプレート設定があるわけではないことに注意してください。

    Galleryはサイトに対しカスタムヘッダーやカスタムフッターを使用するオプションを提供します。これにより、ポータルエクスペリエンスをカスタマイズして、企業サイトのルックアンドフィールをより正確に一致させることができるようになります。カスタムヘッダー/フッターはアカウントレベルで設定することも可能です。アカウントレベルでカスタムヘッダー/フッターを構成する方法については、「ギャラリー設定の構成」を参照してください。

    カスタム・ヘッダーまたはフッターを使用するように Portal Experience を構成するには、次の手順に従います。

    1. サイトに使用するヘッダー/フッターをデザインします。ヘッダー/フッターには有効なHTML、JavaScript、またはCSSコードを含めることができます。
    2. 左側のナビゲーションで [ 外観と動作] [> ヘッダーとフッター ] をクリックします。
    3. ヘッダーHTMLを[Custom Header HTML]フィールドに貼り付けます。
    4. カスタムヘッダーの下に既定のテンプレートヘッダーを表示するには、[カスタムヘッダーの下に既定のヘッダーを含める ] オプションを選択します。
    5. フッターHTMLを[Custom Footer HTML]フィールドに貼り付けます。
    6. カスタムフッターの下に既定のテンプレートフッターを表示するには、[カスタムフッターの下に既定のフッターを含める ] オプションを選択します。
    7. [保存]をクリックします。

    カスタムヘッダーおよびカスタムフッターの使用に関する注意

    • ギャラリーは、ヘッダー/フッターに提供されているHTMLで検証を行いません
    • ヘッダーおよびフッターHTMLには明確な文字数制限はありません
    • 外部CSSおよびJavaScriptがサポートされています
    • コードはレスポンシブ設計原則に従う必要があります。そのため、デバイス間で適切に拡張できます
    • サイトがBootstrapを使用する場合にCSSの競合が確認されています(GalleryはBootstrapも使用)。あらゆる競合について必ずチェックし、解決してください

    カスタム設定を構成する

    カスタム設定では、サイトのルックアンドフィールをカスタマイズできます。カスタム設定を構成するには、左側のナビゲーションで [ 外観と動作] [> カスタム ] をクリックします。

    以下の設定が利用できます。

    • カスタム CSS URL -スタイルをカスタマイズするカスタム.cssファイルの場所を指定するために使用します。[ CSS の表示 ] リンクをクリックして、現在サイトのスタイル設定に使用されている CSS ファイルを表示します。
    • カスタム JavaScript URL -サイトのスタイルや動作をカスタマイズするために、カスタム.jsファイルの場所を指定するために使用されます。
    • カスタムファビコンURL -サイトに使用するファビコンの場所を指定するために使用されます。ファビコンをサポートするブラウザでは、通常、ページのブラウザタブに、ブックマークのリストでページ名の横にファビコンが表示されます。
    • カスタムモバイルアプリアイコン -サイトがデバイスのホーム画面に保存されるときに、ホーム画面のアイコンとして使用される画像を選択するために使用します。Brightcove では、高解像度(1024 ピクセル x 1024 ピクセルを推奨)をアップロードすることをお勧めします。正方形の画像とギャラリーは画像を拡大縮小し、お使いのデバイスに最適なバージョンを使用します。
    • カスタム応答ヘッダー -ポータルへの要求に応答して送信される HTTP ヘッダーを入力します。たとえば、コンテンツセキュリティポリシー (CSP) または HTTP 厳密トランスポートセキュリティ (HSTS) を追加するためにヘッダーを追加できます。