サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    ページ内エクスペリエンスの設定の構成

    このトピックでは、ページ内エクスペリエンスの設定をカスタマイズする方法について説明します。

    この設定は、ページ内エクスペリエンスのさまざまな側面を制御します。以下の設定が利用できます。

    プレーヤー設定を構成する

    プレイヤー設定は、使用するプレーヤーとエクスペリエンスのプレーヤーの動作を制御します。プレーヤーの設定を構成するには、エクスペリエンスを編集し、左側のナビゲーションで [ 設定] [> プレーヤー ] をクリックします。

    プレーヤーを選択する

    ページ内エクスペリエンスに使用するプレイヤーを選択するには、[ 利用可能なプレイヤー] ドロップダウンリストからプレーヤーを選択します。リストには、Video Cloud アカウントのすべてのプレーヤーが表示されます。

    プレーヤーを選択すると、プレーヤーのプレビューに、選択したプレーヤーのプレビューが表示されます。

    プレイヤーの行動の設定

    プレーヤーの設定は、プレーヤーの動作をカスタマイズするように設定できます。以下の設定が利用できます。

    • ビデオの再生が完了すると、ビデオの再生が終了したときの動作が決まります。
      • エクスペリエンスの「再生後」状態を表示する -選択すると、ビデオが完了したときにエクスペリエンスは AFTER PLAY 状態になります。
      • 現在のビデオに残る -選択すると、ビデオが完了しても、エクスペリエンスは「再生中」状態のままになります。プレーヤーに設定されているカスタムエンドスクリーン (Players モジュールで設定された) を表示するには、このオプションを選択します。プレイ中 ( プレイ中) の状態で表示されるコンポーネントも表示されたままになります。このオプションには、エクスペリエンスから AFter PLAY 状態を効果的に削除するという副作用があります。
    • iOS デバイスでインライン再生を有効にする -オンにすると、Brightcove Player バージョン 5.10.5 以降を使用している場合に iOS デバイスでインライン再生が有効になります。
    • 次のビデオに自動的に進む -オンにすると、現在のビデオの再生が終了したときに、エクスペリエンスの次のビデオが再生されます。この設定では、 AFter PLAY 状態でカウントダウンタイマーを表示するかどうかも決定します。有効になっている場合は、タイマーがあります。タイマーがゼロになると、エクスペリエンスは、次のビデオの「再生中」状態に移行します。

    IP 制限付きアカウントの操作

    北米以外の IP 制限付きアカウントではbase_urlプレーヤーで再生 API を変更する必要があります。インページエクスペリエンスは、エクスペリエンスの作成時およびエクスペリエンスのプレイヤーが選択されたときに、base_urlプレイヤーからこれをコピーします。base_url既存のエクスペリエンスのプレーヤー上のが変更された場合、Gallery はこの値が変更されたことがわからないため、自動的に更新されません。回避策として、パブリッシャーは回避策として以下の手順を実行する必要があります。

    1. エクスペリエンスの [プレーヤー設定] ページに移動します。
    2. 現在選択されているプレイヤーとは異なるプレーヤーを選択します。
    3. 最初のプレーヤーを再度選択します。
    4. エクスペリエンスを保存してから公開します。

    これにより、base_urlエクスペリエンスが初期プレーヤーのエクスペリエンスと一致するようにが更新されます。

    完了したら、[ 保存 ] をクリックして変更を保存します。

    ドメイン制限付きプレーヤーの操作

     ドメイン制限付きプレーヤーでは、 プレーヤーのポリシーキーを変更する必要があります。インページエクスペリエンスは、エクスペリエンスの作成時およびエクスペリエンスのプレーヤーが選択されたときに、この policy_key  をプレーヤーからコピーします。 policy_key 既存のエクスペリエンスのプレーヤー上のが変更された場合、Gallery はこの値が変更されたことがわからないため、自動的に更新されません。回避策として、公開者は承認されたドメインのリストを更新する場合は、回避策として以下の手順を実行する必要があります。

    1. エクスペリエンスの [プレーヤー設定] ページに移動します。
    2. 現在選択されているプレイヤーとは異なるプレーヤーを選択します。
    3. 最初のプレーヤーを再度選択します。
    4. エクスペリエンスを保存してから公開します。

    これにより、policy_key エクスペリエンスが初期プレーヤーのエクスペリエンスと一致するようにが更新されます。

    完了したら、[ 保存 ] をクリックして変更を保存します。

    ビデオ設定の構成

    ビデオ設定は、ビデオの表示オプションの一部を制御し、ビデオをダウンロードできるかどうかを制御します。これらの設定は、ビデオが「再生中」状態の場合にのみ適用されます。ビデオ設定を構成するには、エクスペリエンスを編集し、左側のナビゲーションで [ 設定] [> ビデオ ] をクリックします。

    関連リンク

    オンにすると、動画の関連リンクが動画情報とともに表示されます。関連リンクは、 Media モジュールのビデオプロパティの一部として設定されます

    説明

    オンにすると、ビデオ情報の短い説明ではなく、ビデオの長い説明が表示されます。短い説明と長い説明は、 Media モジュールのビデオプロパティの一部として設定されます

    視聴済みインジケーター

    チェックすると、ユーザーのセッション中に視聴された動画に視聴インジケータ()が表示されます。

    ダウンロード

    ページ内エクスペリエンスは、視聴者が動画をダウンロードできるように設定できます。ダウンロードリンクを使用すると、ビューアは最高品質のレンディションをダウンロードできます。ダウンロードオプションを選択します。

    • 動画のダウンロードを許可しない
    • 各動画のダウンロードリンクを提供する
    • カスタムフィールドの値に基づいて、各動画のダウンロードリンクを提供する-カスタムフィールドを定義し、ダウンロード可能なビデオでそのフィールドを true に設定します。各動画のダウンロードリンクを構成する手順については、「ページ内エクスペリエンスのビデオダウンロードの設定」を参照してください。

    完了したら、[ 保存 ] をクリックして変更を保存します。

    ソーシャル設定の構成

    ソーシャル設定は、ビデオの再生時に利用できるソーシャル共有オプションを制御します。エクスペリエンスが PLAYing 状態の場合、ソーシャル共有アイコンがプレーヤーの上に表示されます。動画がソーシャルメディアサイトで共有されると、視聴者をエクスペリエンスに戻すためのリンクまたは画像が表示されます。

    Gallery は、ソーシャルメディアメタデータプロキシサービスを使用します。このサービスは、動画やイベントがインページエクスペリエンスから共有されるときに使用され、共有される URL の一部です。これは、ページ内エクスペリエンスが埋め込まれているページに閲覧者をリダイレクトしますが、クローラには代わりに動画/イベントに関するメタデータが表示されます。このようにして、ソーシャル・メディア・クローラは、共有されているビデオ/イベントに関する情報を取得し、ソーシャルメディアサイトのエンドユーザーにより関連性の高い情報を提示できますが、エンドユーザーは元のページにアクセスできます。

    ソーシャル設定を構成するには、エクスペリエンスを編集し、左側のナビゲーションで [ 設定] [> ソーシャル ] をクリックします。

    表示

    [表示] 設定は、ソーシャルアイコンの表示方法を決定します。共有オプション ( ) を選択すると、プレーヤーの右側から共有アイコンがスライドします。

    ソーシャルアイコンオプション()を選択すると、ソーシャルアイコンがプレーヤーの上に表示されます。

    共有オプション

    表示するソーシャル共有オプションを選択します。プラットフォームによっては、カスタムメッセージを入力する機能があります。ソーシャルプラットフォーム名をクリックして、カスタムメッセージを入力します。リンクをクリックすると、メッセージ内の動画 URL、名前、または短い説明の値を使用できます。

    カスタムメッセージ設定を非表示にするには、ソーシャルプラットフォーム名をもう一度クリックします。

    共有リンク用のソーシャルメタデータ

    エクスペリエンスが埋め込まれているページのページ URL を入力し、[ 生成 ] をクリックします。これにより、視聴者が体験を共有したときに、ソーシャルサイトで最初の動画のサムネイル画像、タイトル、説明が表示されます。

    SEO設定へのアクセス

    SEO 設定では、ページ内エクスペリエンスのサイトマップと検索フィードを生成できます。SEO 設定にアクセスするには、エクスペリエンスを編集し、左側のナビゲーションで [ 設定] [> SEO ] をクリックします。

    サイトマップや検索フィードを生成するには、次の手順に従います。

    1. ページ URL を入力します。これは、ページ内エクスペリエンスが公開されるサイトの URL です。
    2. ビデオタグを含める必要があるかどうかを確認します。
    3. [ 生成 ] をクリックします。

    ページ内エクスペリエンス情報のインデックスを作成するには、サイトマップコードを既存のサイトマップにコピーする必要があります。

    ポータルエクスペリエンスの検索エンジン最適化設定を構成するには、エクスペリエンスを編集し、左側のナビゲーションで [ サイト構成] [> 検索エンジン最適化 ] をクリックします。以下の設定が利用できます。

    • サイトの詳細 -サイトイメージ、キーワード、メタタグを設定します
    • サイトマップ -サイトマップにアクセスしてフィードの URL を検索

    サイト詳細の構成

    [サイトの詳細] 設定を構成して、検索エンジンによるポータルのインデックス作成方法を制御できます。検索エンジン最適化設定にアクセスするには、エクスペリエンスを編集し、左側のナビゲーションで [ サイト構成] [> 検索エンジン最適化 ] をクリックします。

    次の設定を構成できます。

    • 検索エンジンの結果でサイトの説明を使用し、サイトが共有されるとき -チェックすると、< > FacebookやTwitterのメタタグを含むメタ記述タグにサイトの説明が使用されます。オフにすると、注目の動画の説明が使用されます。
    • サイトイメージ -これは、ポータルサイトのホームページがFacebookまたはTwitter上で共有されたときに表示される画像です。
    • Keywords - すべてのサイトページに追加されるメタキーワード。「鳥、動物、魚、動物の世界」を追加すると、HTML ページに次の項目が追加されます。
      <meta name="keywords" content="birds,animals,fish,animal world">
    • メタタグ -サイトのメタタグを追加するために使用されます。これらのタグは、すべてのサイトページに追加されます。例:
      <meta name="myCustomTag" content="myCustomValue">
    • [ ページのメタデータにカスタムビデオフィールドを含める ]: オンにすると、カスタムフィールドがメタタグとして追加されます。たとえば、 2018 という値を持つ年のカスタムフィールドには、次の項目が追加されます。
      <meta name="year" content="2018">
    • ページのメタデータに正規URLを含める -チェックすると、rel=canonical SEOを改善するのに役立つメタタグをソースに追加します。これは、rel=canonical同じリンクを持つすべてのページを単一のエントリとして扱うようにGoogleに指示する機能です。例えば、mysite.com/video/mypage.htmlはmysite.com/video/mypageと同じである。html?username=foobar。
    • URL から動画タイトルを削除する -オンにすると、動画の詳細ページの URL には動画名が含まれず、動画の ID だけがURLに含まれます。

    サイトマップと検索フィードの表示

    [サイトマップ] 設定には、サイトマップと検索フィードの URL が表示されます。サイトマップはダウンロードし、検索エンジンに送信できます。検索フィードは、検索結果にギャラリーコンテンツを追加する方法として、ほとんどの検索エンジンソフトウェアで使用できます。検索エンジン最適化設定にアクセスするには、エクスペリエンスを編集し、左側のナビゲーションで [ サイト構成] [> 検索エンジン最適化 ] をクリックします。

    サイトマップにビデオタグを含めるには、[ サイトマップにビデオタグを含める ] チェックボックスをオンにします。最初の 32 個のタグのみが含まれることに注意してください。サイトマップにタグを追加すると、検索エンジン Web クローラにタグが公開され、訪問者はビデオタグに基づいて動画を見つけることができます。

    サイトマップは 24 時間キャッシュされます。24 時間が経過すると、キャッシュから削除され、再びアクセスされたときに再生成されます。Portal Experience にビデオが追加された場合、サイトマップが再生成されるまで(24 時間後)、またはサイトが再公開されるまで、ビデオはサイトマップに含まれません。

    サイトマップの提出の詳細については、 Google のドキュメントを参照してください

    トラッキングの設定

    トラッキング設定は、Google アナリティクスにトラッキングデータを送信するために使用できます。トラッキング設定を構成するには、エクスペリエンスを編集し、左側のナビゲーションで [ 設定] [> トラッキング ] をクリックします。

    [トラッキング] ページで Google アナリティクストラッキング ID を指定することで、エクスペリエンスで発生したイベントは Google アナリティクスアカウントに送信されます。各イベントには、 Brightcove Experience {name}-{state} の形式でカテゴリがあります。 {name} はエクスペリエンスの名前、 {state} はコンポーネントの現在の再生状態(前、実行中、後)です。各イベントには関連するラベルを付けることもできます。ラベルは通常、イベントが発生する動画の ID です。以下のイベントが現在追跡されています (今後必要に応じて追加される予定です):

    アクション 説明
    注目の動画がクリックされました おすすめの動画がクリックされました
    ビデオがクリックされました 動画がクリックされました
    視聴した動画がクリックされました 視聴した動画がクリックされました
    次のビデオがクリックされました 次のビデオがクリックされました
    クリックした再生数 「再生」ボタンがクリックされました
    自動進停止 次のビデオカウントダウンが停止しました/キャンセルされました
    自動進カウントダウンの経過時間、次のビデオの再生 次のビデオカウントダウンタイマーが経過したため、次のビデオが再生されます
    戻るボタンがクリックされました 「戻る」ボタンがクリックされました
    共有パネルを開きました 共有パネルが開かれました
    共有パネルを閉じた 共有パネルが閉じられました
    {platform} にシェアクリックしました 指定されたプラットフォーム(Facebook、Twitterなど)への共有リンクがクリックされました
     

    完了したら、[ 保存 ] をクリックして変更を保存します。

    詳細設定の構成

    詳細設定は、カスタム JavaScript を入力したりビデオリンククエリパラメータを設定したりするために使用できます。カスタム設定を構成するには、エクスペリエンスを編集し、左側のナビゲーションで [ 設定] [> 詳細設定 ] をクリックします。

    JavaScript

    カスタム JavaScript ファイルの URL を入力するか、カスタム JavaScript に貼り付けます。

    Video Link Query Parameter を使用すると、ビデオへのディープリンク時に使用されるクエリ文字列パラメーターを指定できます。ディープリンクは、通常、検索/SEO、およびソーシャルメディアプラットフォームに動画を共有するときに使用されます。デフォルトでは、ギャラリーはを使用しますvideoID