サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    ページ内エクスペリエンス分析の確認

    このトピックでは、利用可能なページ内エクスペリエンス分析について説明します。

    オンライン動画のそれぞれの目標に関係なく、視聴者を理解することは成功を収めるための戦略を生み出す鍵になります。つまり、視聴者を理解すればするほど、視聴者に消費しやすいフォーマットで視聴者のエンゲージメントを獲得するコンテンツを作成しやすくなります。ページ内エクスペリエンスを公開すると、Gallery はこれらのエクスペリエンスの分析を収集し、さまざまなレポートで利用できるようになります。

    ページ内エクスペリエンス分析にアクセスするには、エクスペリエンスを編集し、左側のナビゲーションで [ エクスペリエンス分析 ] をクリックします。表示するレポートの種類を選択します。

    • ダッシュボード -ページ内エクスペリエンス分析ダッシュボードを表示します。これには、ソーシャルシェアの数、エクスペリエンスの表示に使用されるデバイスタイプ、エクスペリエンスのトップトレンド動画が含まれます。
    • Calls-to-Action -エクスペリエンスに構成されたリンクとカードのインタラクションおよび画像コンポーネントのクリックスルー数に関する分析を提供します。また、エクスペリエンスのカスタム HTML コンポーネントからのフォーム送信数に関する分析も提供します。
    • 動画 -ページ内エクスペリエンス内の動画の分析パフォーマンスとエンゲージメントを提供します。これには、動画の再生回数、動画のインプレッション数、平均視聴率、エンゲージメントスコア、ソーシャルシェア数などの指標が含まれます。

    ページ内エクスペリエンスでは、動画がプレーヤーにロードされているように見えますが、視聴者が再生ボタンのオーバーレイをクリックするまで動画は読み込まれません。そのため、視聴者が動画を再生するまで Analytics モジュールでは、動画のインプレッションは記録されません。